01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< まだ明けぬ夜に | main | 天使のクレヨン >>

輝く電車に

僅かに西に傾く陽射しを受けて

銀色に輝く電車で君はどこに行くのだろう

懐かしい思い出

せわしい今時空

希望溢れる未来

でも誰も知らない本当の行く先

一秒先も予測の出来ないその先の国へ


車掌の優しい声が停車駅を告げる

風を切る電車に乗った君はどこで降りるだろう

夜明けの海辺

ビルのジャングル

遥かなる天空の国

でも誰も知らない降りる先

哀しみを捨てて生まれ変わるその先
| 鉄道の詩 | 14:57 | comments(0) | - |
Comment